亀岡手づくり甲冑の会
亀岡手づくり甲冑の会
亀岡手づくり甲冑の会
亀岡手づくり甲冑の会

はじめに

亀岡手づくり甲冑の会代表 並河 俊和亀岡手づくり甲冑の会は、明智光秀公を顕彰して始まる「亀岡光秀まつり」の武者行列を自ら作った手づくり甲冑を着て参加・市民パワーを爆発させようと、2008年(平成20年)に観光協会と市民との連携で生まれ、講習会を開いて参加者を募集、マイ甲冑の制作を指導してまいりました。

2010年(平成22年)丹波亀山城五層天守閣築城400年には140領の手づくり甲冑が出来上がり、2011年の国民文化祭には子供甲冑隊も参加して大いに賑わいました。

以来今日まで亀岡光秀まつりをメインに市外の同好団体との交流活動を続けています。

ホームページのリニューアルについて

この度、ホームページをリニューアルしました。不慣れと資料不足で戸惑っていますが、追々に充実すべく取り組んでまいりたく考えております。前に変わりませずご笑覧お願いします。

亀岡手づくり甲冑の会代表 並河 俊和

2019年委託事業

手づくり甲冑教室

大河ドラマ「麒麟がくる」の放映決定を受け、光秀公ゆかりの亀岡市で、市民自らが光秀公の生きた時代に思いを馳せながら自身の甲冑を製作することで、文化意識の向上及び、光秀公ゆかりの亀岡を深く理解し、それぞれの参加者が自ら作った甲冑を着用、PRし、市内機運の盛り上がりを創出してもらうため「手づくり甲冑の会」が、製作指導に当る。

手づくり甲冑教室

大人用手づくり甲冑教室(15名)

講習日:7月28日~12月24日まで(計7回、他、臨時指導日数回)

子供用かめまる兜(陣羽織つき)(15名)

講習日:8月4日(日)1回
今後、亀岡手づくり甲冑の会行事に参加いただく予定をしています。

くわしく見る

手づくり甲冑等製作業務

「 明智光秀公はどんな軍装で老ノ坂を下ったか? 」

1展示用甲冑 光秀モデルの制作2領

展示用甲冑 光秀モデル 光秀公着用の甲冑は現存しません。
(伝と呼ばれるもの少々有り)
亀岡手づくり甲冑の会は、大河ドラマ「麒麟がくる」亀岡市実行委員会の委託を受けて、壱・弐2領(2種類)の明智光秀公甲冑を推測製作しました。

2甲冑着用体験用甲冑等の制作

甲冑着用体験用甲冑 その他着用体験用甲冑3領、子供体験用甲冑3領、かめまる兜と陣羽織3個、模造刀3個、模造火縄銃2個(クラッカー装着型)を製作。
「ドラマ館」等で展示予定。

くわしく見る

亀岡手づくり甲冑の会の活動

京都亀岡NHK大河ドラマ館玄関ロビーでの亀岡手づくり甲冑の会作品展
~令和3年1月11日
京都亀岡NHK大河ドラマ館玄関ロビーにて、亀岡手づくり甲冑の会作品展を開催期間中6回に分けて行っています。写真は第5回目(10月4日~11月29日まで)の展示作品です。ドラマ館に足を向けて下さい。
かめきたサンガ広場での戦国合戦体験で戦闘開始の勝鬨
令和2年7月18日
かめきたサンガ広場での戦国合戦体験で戦闘開始の勝鬨
「麒麟がくる 京都大河ドラマ館」オープニングセレモニーに参加。
令和2年1月11日
「麒麟がくる 京都大河ドラマ館」オープニングセレモニーに参加。
KBS京都テレビ あんぎゃでござる!!に出演
令和元年11月4日
KBS京都テレビ あんぎゃでござる!!に出演。
市役所での甲冑展示会
令和元年6月26日~12月26日まで
市役所での甲冑展示会。作品をロビーホールに展示。
亀岡光秀まつり武者行列参加
令和元年5月3日
亀岡光秀まつり武者行列参加
「亀岡光秀まつり」武者行列にマイ甲冑で参加。令和になった5月、武者行列は市役所から出発。沿道の喝さいを浴びた。

もっと見る

大丹波手づくり甲冑交流会

丹波(京都、兵庫)地域において「大丹波手づくり甲冑交流会(仮称)を結成し、順番に加盟団体において「大丹波甲冑イベント」を開催し、丹波の歴史を全国に発信することにより、地域の活性化と観光客の誘致を目指すこととする。

参加予定団体

亀岡手づくり甲冑の会、丹波福知山明智光秀公研究会、丹波福知山手づくり甲冑の会、矢上上麒麟がくる委員会、丹波篠山甲冑隊、黒井地区自治協議会、黒井城跡地域活性化委員会

次回準備会開催日

2020年1月

黒井甲冑(丹波市民の手づくり甲冑) 黒井甲冑(丹波市民の手づくり甲冑) 黒井甲冑(丹波市民の手づくり甲冑)
黒井甲冑(丹波市民の手づくり甲冑)

このページの先頭へ